3. 建築家って?
4. 設計事務所の役割
5. 設計事務所が設計すると高いのでは?
6. 建築家の設計した家は使い難くないか?

1. 建築ってなんだろう
1. 建築ってなんだろう
 建築は西洋では総合芸術と言われてきました。
美術・物理学・天文学・医学等様々な要素が絡み合って出来上がった形と言えます。しかし、
そう難しく考えると取っ付き難い存在になってしまいます。僕が目指す建築とは、もう少し体
に馴染むもの、生活の中に自然と入って行くものです。日常的に感じれるもの。そう言う身近
な存在としての建築が創れたら良いと思っています。
  
 一番わかり易い建築としてはやはり住宅という事になるでしょうから、住宅に絞って話を進
めて行きます。
  
 そもそも住宅とはどういうものでしょうか。俗に言う「家」のことですが、では一体「家」
とはなんなのか?雨風をしのいで生活をするところですね。しかし、「家」はそれだけではな
く他にもいろいろな役割を持っています。そこに住まう人の“生活”そのものに関わるとても
大切な空間なのです。良きにつけ悪しきにつけ知らず知らずのうちにその人の中に影響を及ぼ
すこともあります。それくらい重要な物であり、デリケートな物です。僕も設計と言う業務に
携わる者としていつも気にかけている事です。
  
 良く言われる事として「夏は涼しく、冬は暖かい家」という事がありますが、建物だけでそ
れを実現する事はかなり難しい事です。当然コストに直接関係してくることですし、それなり
の設備も必要となる事もあります。誤解の無いように補足しておきますと、建物それ自体は外
壁や屋根の断熱、窓にペアガラスを使うことでそれなりの効果を得る事が出来ます。しかし、
冬に暖かいと言う事は、逆に夏には暑いと言う事にも繋がる可能性があります。その時はエア
コンでと言う単純な事では解決にならないでしょう。では、どうすれば良いのか。やはり風が
良く抜け、熱が逃げるように考えていかなければいけないでしょう。つまりこう考えるわけで
す。冬には暖かい光を入れる事で暖かくする、夏には風を通して涼しくする。窓の役割として
は他にも光をどう入れるか、そこから何が見えるのかと言う事もあります。こう言う事を一つ
一つ考えて行く行為が設計をするという事なんです。窓の大きさや形もただ光が入れば言いと
言う事ではありません。家具の配置にも大きく関わってきます。これに、仕上げは何にするか、
照明器具は、コンセントは、等様々な事が複合的に絡み合って最終的な答えとしての「家」が
完成するのです。
  
 こういうと凄く大変な事のように思われてしまいますが、実際も大変です。冗談ですよ。
この作業を楽しんでもらえる事が一番良いのです。舵取りは僕がします。実現に向けて夢を膨
らませてくれたら良いのです。建築って奥は深いかも知れませんが以外と身近なもので、面白
いものなんです。僕はそのお手伝いが出来たら良いと思っています。お互いの協力があってこ
そ、素敵な物が生まれてくるのです。
 僕が好きな建築家の村野藤吾氏が良く言っていた事に
「私は、プレゼンティストですから99パーセント施主の言う事を聞いています。」
と言う言葉がありましたが、ある講演会で
「実際は私は99パーセント言う事を聞いていません。」
と冗談交じりに言われた事がありました。
しかし、その後に言われた言葉を聴いて本当の意味が分かりました。
「99パーセント言う事を聞いても、1パーセント村野が残る。そして、その1パーセントが全体
を支配するかも知れない。」
まさに“目から鱗が落ちる”思いでした。
そうなんですよね。お施主さんと話をして希望に合うようにしていっても、僕が創る空間には
やはり僕の色が残るんです。だから無理に、自己主張なんかしなくても僕はそこに存在するの
です。それが一緒に“家を創る”と言う事になるのです。
そう考えると自然に肩から力が抜けてきます。中には自分の考えだけを押付ける人もいるよう
ですが、それではバランスの取れたものは出来にくいでしょう。バランス感覚の無い人はこの
仕事には向いていないと言わざるを得ません。建築はそこに在って自然と何かを発信していま
す。目立つとか、奇抜である必要はありません。村野氏の言うように、たった一つの建物がそ
この街並みを作り、街全体を支配する事もあるでしょう。それが良い形に影響する事こそが、
僕の目的であり望みです。勿論、そこに暮らす人がだんだん良い顔になってくれるも大切な事
です。視角から来る物よりも感じるものを大事にして行きたいです。
  
 僕がいつも心がけている事は、“快適な家作り”ではありません。“快適”と言うと前述の
「夏は涼しく、冬は暖かい」的だったり使い易いと言った言葉でしか表現できないように思い
ます。僕は具体的に機能がどうとかではなく、それらの物も含めた広い意味での“気持ちの良
い空間”を目指しています。
“気持ちが良い”とは何か?
言葉で説明する事は難しいですが“感じるもの”だと思います。気持ちが良いと感じる。そこ
には、具体的なものだけでなく空間から出てくるもの、時間の流れの中に感じるもの、ふとし
た瞬間に感じるもの、それらの物を大切にして行きたいです。ですから、家にずっと居るよう
なのは僕の言う“気持ちの良い空間”ではありません。外に遊びに行く事もあるし、逆に人を
集める事もあるでしょう。その帰ってくる場所や中心となるのが家なのです。その空間が何と
なく気持ちが良いと感じてもらえる事が理想です。肌で触れ、時間を過ごし、頭ではなく体が
感じる気持ちの良さ。それを大切にした建築が本当の建築なのではないでしょうか。
2. 家を作る時には何をしたら良いのか
2. 家を作る時には何をしたら良いのか
 殆どの人にとって家作りは初めての経験でしょうから、一体どうした良いのか分からない事
でしょう。心配は要りません。それを形にしていくのが僕の仕事です。事前に家という物に興
味を持ってくださる事は嬉しい事ですが、絶対に必要という事はありません。では何が一番必
要な事なのか。それはお互いが理解しあう事です。その為には、隠し事をしないで話をする事
です。格好悪いからとか、恥ずかしいからと言って話してもらえないと、本当にその人に合っ
た家を作る事は出来ません。僕は出来る限り今生活をしておられる状態を見せてもらいます。
その人の趣味や持ってくる家具の大きさを調べるだけではなく、具体的にその家(又はマンシ
ョン)の何処が不便かとかそう言う事を聞けるからです。そこで共通の認識を持つことが出来
ます。それともう一つ大切なのが持ち物全体の量を把握する事。大抵の場合は奥様には嫌がら
れますが、構わなければ押入や物入れも開けて見せてもらいます。ここで大切なのは、本当は
片付けないでいて欲しいのですがまずそれは無理です。(笑)片付けがどの程度できるのかを
みたいのですけどね。いくら打ち合わせに行く時には綺麗にしていても、普段は片付けベタで
散らかっているのであればそれに合わせた収納が必要だからです。ですからせめて言葉だけで
でも伝えてもらえれば結構です。隠さないでくださいね。
 
 最初に話を聞くと「私は家の事なんて全然わからないし、こういう感じが良いって言うイメ
ージも無いんです。」とか「特別好みとかはありません。」と仰る方がいますが、誰でも好き
嫌いが無いと言いながら「こっちとあっちのどちらがお好きですか?」と聞くと、ちゃんと
「こっち」とか「あっち」と答えます。それは具体的に言えなかったり、表現が出来なかった
だけで、具体的に示せばみんなちゃんと自分の家に対する方向性は持っているのです。会話を
しているうちに自然と出てくるものです。それを見つけ出して、形にしていく事が僕の役目で
す。難しい事ではありません、少しだけ素直に自分を出してくれたらそれで良いのです。
 具体的な家の話だけではなく、趣味や生活の仕方なども話ができると良いですね。お互いに
まだよく理解できないでしょうから会話をしていくうちに、どういう暮らし方をしてどうした
いのか、どんな性格なのか、そんな事が理解できると後話はスムーズに進んで行きます。どん
なところに家作りのヒントがあるか分かりません。自分では気付いていない事もあります。理
解しあい、信頼関係を作る事がなによりも大切です。
3. 建築家って?
 最近では、TVや雑誌を中心として様々なメディアで「建築家」と言う言葉を目にしますが、
本当の意味での建築家と呼べるのはほんの一握りの人達だけです。勿論僕も自分を「建築家」
などとは思っていません。一人の「建築士」です。ただ、仕事上の相手のメディアに載せる場
合には「建築家」と言う事にしないといけないのでそうなっているだけです。(笑)もともと
僕は、「先生」などと呼ばれる事も嫌な方で、業者さんたちが勝手に呼ぶのはそう呼ばせてい
ます。彼らは逆にそう呼ばないといけないからそう呼んでいるだけなのです。困った風潮です。
ですから、お施主さんからは一般的には「坪内さん」と呼ばれる事のほうが好きですね。それ
の方がより親密なお付き合いをしているようで好感が持てます。
  
 話はそれましたが、とりあえず「建築家」と言う事にして話を進めて行く事にしますと、建
築家とはどういう人なのでしょうか。僕の考えでは自分の考えを形に表現できる人。施主の要
望・法規制・周辺との調和・将来へのビジョンなど、様々な事を調整しつつも自己表現のでき
る人。それが「真の建築家」ではないでしょうか。あまりにも簡単に言い過ぎたかもしれませ
んが、実際それだけの事をするのには大変な能力が必要です。
  
 もう少しわかり易く「建築士」として話していきます。建築士と言うと職人さんみたいです
が、実際もそうかもしれません。空間を創り出す職人ですね。僕はあえてここで“空間”と言
う言葉を使います。“部屋”しか作れない人が沢山います。平面図だけ見ても“空間”はわか
りません。しかし、我々は平面図を書いているときに既に立体をイメージしながら書いている
わけです。この立体イメージさえ描けない人は「建築家」はおろか僕が言うところの「建築士」
でもなく、「建築屋」さんなのです。自分の中に“空間”を描いて、それを作る為に図面を作
成しているのであって、図面を書いてからイメージを作るのではないです。平たく言えば、空
間を作り事が上手な職人さんです。皆さんにも得手不得手があるように、僕はここのところが
得意なだけです。そう考えてもらえれば、何も特別な存在とかではなく、一つの職業なのです。
4. 設計事務所の役割
 設計事務所がどんな事をするのか大まかに説明すると
 
 1. 設計図面の作成業務
 2. 役所・諸官庁への申請・届出の代理業務
 3. 工事施工業者との工事請負契約に関する協力業務
 4. 現場監理業務
 
   以上のようなものが有ります。
 
 この中でも中心となるのは、やはり設計と監理業務です。打合せによってそれぞれの希望に
あったプランを考えて図面化し、その図面に基づいて工事がなされているかをチェックして行
きます。当然、法規制に抵触していないか等のチェックもします。構造的な事、設備的な事も
それぞれ専門の人達とも打合せをして進めます。工事施工業者と交渉したり、指導したりしな
がら適切に工事が行われるように監理する事も業務の内です。図面の中だけではわかり難い部
分も有りますから、現場で定期的な打合せを行ったりして常に状況の把握をします。一般の方
が直接業者と折衝するとこは大変ですし、工事がどのようになされているかを把握するなどま
ず無理でしょう。設計事務所というのは施主の代理人と言う立場ですから、当然施主側にたっ
て工事を監理します。手抜き工事などを防止する事は当然ですが、わかりにくいのは悪意の無
い間違いです。これは法的な事とか打ち合せの内容を把握していない為に起こるケースです。
やっている方は正しいと思っているから余計に発覚しにくいのです。こういうケアレスミスを
防ぐ事は意外と大変なことで、出来た後では修正できなかったり、大変なお金が掛かって誰が
払うのかといった事になります。地味なようですがこれも設計事務所の大切な仕事です。
5. 設計事務所が設計すると高いのでは?
 これはよく誤解されている話です。実際、設計事務所が設計するから高いという事はありま
せん。それは設計料が掛かるからとか、難しい事を言うから高くなるのだと思われています。
本当に部屋の大きさだけがあって仕上げ等も気にしないというのであれば、はっきりって建売
住宅とかをお買いになった方が安くて良いでしょう。そのレベルで考えられたら確かに設計料
の分だけ高くなるように思われるでしょう。
  
 では、何が違うのかと言えば、前述したように僕達は空間を創っている事でしょう。その空
間を創る為に、それに合ったプランを考え、材料を選んでいるのです。ちょっとした事で随分
と出来上がりは違ってきます。しかし、悲しいかな二つ作って比べる事は出来ないのでその差
と言う物は個別に見るしかありません。勿論、工事の仕方や材料の選び方も、コストが安くて
質の良い物を探して決めて行きます。平面図の上では同じように見えてもより良いもので構成
し、質の高い空間を提供します。つまり作っているものが違うとも言えます。そこに差異を見
出してください。
  
 コスト面でも一番気になる設計料は、通常建築工事費の10パーセントが目安です。これは木
造2階建ての住宅の場合とお考えください。構造がRC造だったり鉄骨造の場合は構造計算の
費用が別に掛かります。また、建物の規模や諸条件によってもこの比率は前後します。詳しい
事はそれぞれのケースにあてはめてみなければわかりません。この設計料の分が割高になると
考える事は間違いです。どうしてかと言うと、仮に僕が設計した物と全く同じ物を作るとした
ら逆にその金額では出来ないでしょう。僕達が間にいる事で施工業者に対して契約書の内容の
査定・調節をします。単純に値切るということではありません。正当な金額にするといった方
が良いかも知れません。なにも施工業者がぼったくっていると言うのではなく、正当な利益で
契約できるように交渉するのです。それと、一般に建売住宅には、これに広告・営業経費が掛
かっています。それらの物をトータルに計算すれば、設計事務所が設計すると高くなると言う
事は言えなくなります。設計事務所が設計・監理した物の方がコストパーフォーマンスは高い
と言えます。
6. 建築家の設計した家は使い難くないか?
 これもよく誤解を受けている事です。建築家が作ったから使いにくいと言う事はありません。
見学会だとか知り合いの人の家を見てそう思われた時は、余計にそう感じるかも知れませんが
元々建築家が設計する場合は、そこに住まれる方の為に特別に作ったものですから万人にとっ
て住み易いと言う訳ではないでしょう。こう考えたら理解しやすいと思います。建売住宅とか
に代表される家と言うのは既製の吊るしの服ですから大体のサイズでもって誰でも着れます。
でも完全にフィットするわけでもなくどこか物足らない部分もあるでしょう。一方、建築家の
創る家と言うのはオーダーした服です。ですから体にしっくりときますが、違う人が着た場合
は馴染みにくい事もあります。本人の体のサイズに合わせて作っているのだから当たり前でし
ょう。家もこれと同じでそれぞれの希望や体格、趣味や生活のリズムによって違って当たり前
なんです。フリーサイズで作る部分もあるでしょうし、オートクチュールの部分もあります。
ただし、いくらオーダーメイドといっても限度があります。持ち込みの家具や家電等を嵌め込
んだりすることはありますが、何処もかしこも決めきった寸法や形にする事はお勧めしません。
人も住みながらにして変わっていくものです。多少の柔軟性やゆとりは必要でしょう。オリン
ピック選手のユニフォームのようにその時にだけピッタリ合えば良いと言うものではないです
から。変化を見越したプランニングや可変性は必要だと思います。部屋の模様替えも気分が変
わって良い事です。そう云う事も考えてくれる建築家と出会うことが大切です。
  
 間違えたオーダーをしない為には、初めにも言ったようにとにかく話し合うことです。話を
する事を嫌がるような建築家は避けたほうが良いでしょう。疑問があれば遠慮せずに聞く事で
す。こういう言い方をするのは良くないでしょうが、建築家もパーフェクトではありませんし、
たまたま気が付いていない事や間違えもあります。それをちゃんと聞き入れて軌道修正して行
く事の方が大切です。納得するまで話し合い、お互いが力をあわせて協力してゆく事こそが、
満足の行く家を作る一番の近道です。
message
 
疑問に答える形で僕の考えを伝えます
back
back
back
back
back
back