Douglas Darden Exhibision
ヘキサ在籍中で特別な経験としては、展覧会等のイベントのコーディネイトをしていた事
でしょう。その中で最も印象に残っているのは、ダグラス・ダーデンの展覧会と10年間続け
たSDレビューです。

「消耗の建築」と呼ばれた彼の作品は、あまり知られていないと思います。と言うのも、
彼は実作は一つも造っていないからです。自分の中でシチュエーションやストーリーを考
え、それをドローイング中で実現していたのです。
ただ、あまりにもリアルで迫力の有るドローイングは、もはや現実・非現実の枠を超えた
物になっています。

世界でも数例しかいない血液の癌に冒されていたにも拘らず、彼は2度も来日し講演会ま
で開きました。東京・大阪、そして2度目は岡山・大阪と計4箇所で展覧会を開きました。
残念ながら彼は、2度目の来日の数年後に亡くなりました。

厳しい現実や彼のドローイングからは想像できないような、彼の悪戯っぽい笑顔は今で
も忘れません。彼が一番喜んでくれた最初の大阪展の写真と、彼のドローイングを紹介
します。

カラー写真は、私が10年間担当した雑誌「SD」のSDレビューと言う【模型とドローイン
グの展覧会】の会場風景です。
撮影:西宮寛
規模
展覧会 会場構成
東京・大阪・岡山展
延べ床面積
主要用途
構造
所在地