S 邸
古いアパートを一軒の住宅に改造した家です。
但し、改造と言っても鉄骨の骨組みと一部の外壁を除いて全面的に改造したもので新築と
言っても構わない位の物です。

近隣が非常に接近していた為、あまり効果的な窓が確保できず奥の方は薄暗い状態でした。
しかも、セットバックの為に4階部分では十分な広さが取れないので、リビングは3階に
持って行かなくてはなりませんでした。
そこで、屋上に大きなトップライトを造りその光を3階のリビングまで落とす事にしました。
もう一箇所別のトップライトは1階の和室まで細い4層分の光の井戸として下ろしています。

正面の階段室はガラスブロックに包まれ、1階部分の手摺りはブルーの曲面が道路からは
オブジェの様に見え目隠しの役目も果たすようにしてあります。

建て替えるばかりではなく、今有る物を再生し蘇らせた例です。
この仕事は家具デザイナーの今西隆次氏(スタジオA2)とのコラボレーションです。
地上4階建て、PH1階
規模
259.36 u
専用住宅
鉄骨造
大阪市東住吉区
延べ床面積
主要用途
構造
所在地
撮影:松村芳治