目神山の家
前面道路から20メートル程入った高台に立つ住宅です。
普通は不利に思われる旗竿型の敷地ですが、第一種低層住居専用地域のこの敷地には建蔽率
に対して有利に働きました。

カントリー調の家に憧れておられた為、従来のスタイルとは違うものにチャレンジ出来まし
た。ここでも敷地を見に行った時から、眺望を考えてリビングは2階にする事としました。
幸い2階レベル位の場所が有ったので、一緒に上がって納得してもらいました。結果、素晴ら
しい眺望が取れ、明るいリビングになりました。
傾斜天井にも好感を持っておられたので、2階は屋根形状をそのまま活かしてボリュームを
取れました。丸太を剥き出しにした梁も存在感があります。
補助的なものと考えていた薪ストーブも使ってみると十分に暖が採れ、アクセントとしても
非常に満足出来る物でした。

壁は、火山灰(シラス)が原材料となる「中霧島壁」を全面的に採用しました。この材料は、
調湿効果がありマイナスイオンを放出すると言われています。

全てがカントリー調と言う訳ではなく、1階には将来両親との同居を考えて和室を設けてい
ます。二間続きの和室の独立性を確保する為に、間に筒状の中庭を作りました。このデッキ
の中庭は、その時々で様々な使い方が出来ます。
撮影:平野和司、(*)は坪内優
(*)
地下1階、地上2階建て
規模
251.00 u
専用住宅
木造在来工法(一部RC造)
兵庫県西宮市
延べ床面積
主要用途
構造
所在地