大東の家
住宅地で家を作る場合、近隣との距離もあまり取れなく、将来的にどんな建物が建つのかわか
らないものです。そのことを考えた上で、リビングに吹き抜けを作り、トップライトからの光を確保
したいというのが希望でした。結果的に、南側に3階建ての家が建ち、トップライトを作ったこと
の効果は大きかった。
また、吹抜けは2階の寝室に設けた窓とつながり、視覚的に面白い空間を作ると同時に、空気
の循環にも役立っている。

自然素材にこだわった仕上げは、ヒノキのフローリング、羽目板、中霧島壁(シラス)、聚楽壁、
土佐和紙など多彩な表情を見せている。
外壁にも、防火上問題の無いところにはヒノキの羽目板を貼り、家のアクセントとなっている。

収納も設計の上で大きなポイントとなっており、納戸ではなく壁面収納を作れるところ一杯に
作った。奥行きも深い物、浅い物と分けることにより、物に合わせた収納が確保できた。

季節によって光の入り方が変わり、時の流れを感じられる家となることだろう。
撮影:平野和司
地上2階建て
規模
116.66 u
専用住宅
木造在来工法
大阪府大東市
延べ床面積
主要用途
構造
所在地